花が降る

花が降る

白く白く空を染め

暗い暗い空を染め

真っ赤になるほど、

花が降る


誰かを

愛したことが

ありますか




ゆらゆうら花を添えると
恋が叶うと言う

http://ahito.com/
(C)ben From よだかの記
















私の足には枷があります。
私の手は句を読むためだけにあります。

私は、花に捧げられる、生贄です。

もう随分常闇は濃くなった。
句を読み、神を呼び出すたび
少しずつ濃くなっていく。

神は花、花は闇、闇は神。

いずれ、私はこの闇に熔けるため。

『句を読んで、闇を導きなさい』

そう言ったのは、遠い昔の記憶、
誰でしたっけ、もう、覚えてもいない。

『常闇に、まみれなさい』


私は、常闇への生贄。

この闇の、生贄。

闇に熔けるため、

句を読み続ける…

咲守り。









BGMはこちらからお借りしています